パワハラの悩みを解消して一瞬で気分を変えるコツ

パワハラの悩みを克服するリフレーミング

職場でのパワハラが依然として存在しているようです。
パワハラには、いくつかのタイプがあります。

 

@ 攻撃型  
   職務上の地位の優位性を背景にして力関係から影響力を
   行使するタイプ。パワハラの典型的なタイプでしょう。 
   暴言や罵倒、怒鳴り散らすという行動が見られます。

 

A 反論否定型
   何を言ってもまず「そうじゃない」と相手を否定することから
   反論を始めるタイプ。 相手の意見、考え、提案をまず否定しないと
   気がすまない。その上で力を見せつけようとするタイプ。

 

B 無責任型
   職務上の地位の優越性だけを誇示して、責任感をもたず、肝心な時には逃げる、責任回避する、
   他人を責める、仕事を押し付けるタイプ。 ついて行きたいとは思わない能力不足上司タイプ。

 

C 感情型
   気分のムラが激しくコロコロと気分が変わる、急に機嫌が悪くなるタイプ。
   意見や指示もコロコロ変わる、一貫性がない、態度が安定しないカメレオン型。

 

毎日仕事をする上でこのようなパワハラ上司とどのように対処しますか?

 

どのようなパワハラタイプに遭遇していても、メゲてはいけません。
強い信念をもって、リフレーミングのテクニックを活用すれば、簡単に克服できます。
リフレーミングのテクニックは、協力です。 うまく活用して自分の武器にしてください。

 

パワハラなんかに、負けるな! リフレーミングで必ず克つ!
クリス岡崎MOVEコーチング認定講座


一瞬で気分を変えるリフレーミングの秘密

パワハラに対抗するのは、リフレーミングのテクニックです。
リフレーミングのテクニックさへ身につければ鬼に金棒。
相手がどのようなパワハラ上司・先輩でも柳に風で対処できます。

 

人は誰でもモノゴトに無意識に意味付けをしています。
子供の頃は、純真無垢で柔軟ですが、大人になるに従って
その人独自のモノの見方、視点、フィルターが備わってきます。

 

そのようにモノゴトを見る視点を「フレーム」と言います。
モノゴトを見る時の一種の「枠組み」という意味ですね。

 

 

簡単に考えてみましょう。 例えばある絵をお部屋に飾る時に
その絵を治める額縁によって、絵の印象が大きく変わってきます。
それと同じでモノゴトを見る時に自分の額縁、フレームを
意識的に変えてみることがリフレーミングなのです。

 

リフレーミングで額縁を交換して見ると、絵の印象にあたる
モノゴトの解釈がガラリと大きく変化するのです。
何事も視点を変えると柔軟に対応できるのです。
その驚愕の秘密を以下のやり方で実際にトライしてみてください。。


リフレーミングでパワハラの悩みを解消する

リフレーミングとは、要するに「別の見方」をすること。
リフレーミングには、「状況のリフレーミング」「内容のリフレーミング」があります。

 

状況のリフレーミングとは、ある行動をおこしている環境や状況を
別の有益な場面へと言い換えて解釈することです。
例えば、ガミガミと言う上司や先輩について、その人を変えることは
できないのでガミガミと言う状況の意味を怒られているという環境から
自分をしっかりと指導していると、その状況の意味付けを変えて
理解することです。

 

内容のリフレーミングとは、状況を変えずにそのものが持つ意味を
変えてみることです。例えば、「やる気がでない」という人に対して
「今は、充電期間なのね。」とその状態の意味付けを変えてみることです。

 

リフレーミングは、他人に対してだけでなく、自分自身に対しても
応用することができるので必要な時にはちょっと視点を変えて見ましょう。

 

さてパワハラ上司や先輩等どんな相手も怖くなくなる方法があります。
それには「イメージ」で「別の見方」を強化してみることです。

 

パワハラ上司や苦手な相手に対して「相手の姿や声等をイメージで変化させる方法」や
「自分を相手よりも大きくイメージして相手を掌の上でころがす方法」」を活用して
相手が目の前にいてもいなくてもイメージの中で相手の大きさ、声の調子、姿や形を
変えてしまうのです。

 

この方法が効果的な秘密は、私達の脳は、イメージと現実の区別がつかないということです。
相手の姿、形や大きさをイメージで小さく変えれば苦手な相手も蟻のように感じるでしょう。


一瞬で気分を変える方法をMOVEコーチングで身につける

リフレーミングを活用できれば、一瞬で気分を変えることができます。
この見方を変える、意味付けを変えるちょっとしたテクニックは、
本を読んだだけでは、なかなか身につきません。

 

それが2日間のMOVEコーチングセミナーを受講すれば
簡単に身につけることができて、リフレーミングの他にも
いろいろなスキルを体感することができます。

 

ただし、注意事項があります。 MOVEコーチングは、
決して、机に座って講義を聞くだけのセミナーではありません。
文字通り動きまわり、コーチングスキルを実践しながら習得するセミナーです。
黙って座って講義を聞くだけのセミナーを期待している方は、
絶対に、受講しないでください。

 

MOVEコーチングセミナーは、体感するから速効でコーチングスキルが習得できます。



ありえないのは、あなたがなまけものでも効果がでることです。
クリス岡崎MOVEコーチング認定講座